2018/3/28

最近の中央労働委員会命令

出典:中央労働委員会ホームページ http://www.mhlw.go.jp/churoi/

▼2018.3.28【NEW】

平成29年9月29日 平成27年(不再)第43号 神戸学院不当労働行為再審査事件
▼法人が、組合員Aの身分上の取扱いについて4回の団交を行った後、5回目の団交を行うことなくAに解雇予告通知をし、その後解雇したことは、不当労働行為には当たらないとした事案
http://www.mhlw.go.jp/churoi/houdou/futou/dl/shiryou-29-0929-1.pdf

平成29年10月25日 平成28年(不再)第62号 大乗淑徳学園不当労働行為再審査事件
▼団体交渉の開催条件に固執して団体交渉を開催しなかったことが、不当労働行為に当たるとされた事案
http://www.mhlw.go.jp/churoi/houdou/futou/dl/shiryou-29-1025-1.pdf

平成29年10月31日 平成28年(不再)第47号 タカハシスチール不当労働行為再審査事件
▼団体交渉における会社の対応は不誠実であったとはいえず、不当労働行為に当たらないとした事案
http://www.mhlw.go.jp/churoi/houdou/futou/dl/shiryou-29-1031-1.pdf

平成29年11月21日 平成27年(不再)第55号・第56号 日本郵便(晴海郵便局)不当労働行為再審査事件
▼期間雇用社員である組合員Aに対する雇止め予告通知の撤回要求に関する団体交渉における会社の対応は、労組法7条2号の不当労働行為には当たらないとした事案
http://www.mhlw.go.jp/churoi/houdou/futou/dl/shiryou-29-1121-1.pdf

平成29年12月11日 平成28年(不再)第55号 国際基督教大学不当労働行為再審査事件
▼法人が業務委託していた会社に雇用され、法人の構内で業務に従事していた組合員の解雇問題に係る団体交渉申入れについて、法人は、労組法第7条の使用者には当たらないとした事案
http://www.mhlw.go.jp/churoi/houdou/futou/dl/shiryou-29-1211-1.pdf

平成30年1月31日 平成28年(不再)第5号 伊藤鋼業不当労働行為再審査事件
▼通勤災害により労災保険の障害認定を受けたA₁を軽作業に配置転換し、これに伴い賃金を減額したことは、不当労働行為に当たらないとした事案
http://www.mhlw.go.jp/churoi/houdou/futou/dl/shiryou-30-0131-1.pdf

ホームへ先頭へ前へ戻る